札幌で生活して初めて分かった現実が、良くも悪くもたくさんありました。北海道移住の失敗も後悔も現実の全てを書き残します!

今日の札幌は史上初の23℃の暖かさ!でも北海道旅行者は注意が必要!!

ここのところ暖かい日が続く札幌の今日は、何と最高気温が23℃の予報ですよ!

この時季に23℃まで上がるのは、史上初のことだそうです。

平年の最高気温が11~13℃くらいですから、かなりの暖かさです。

しか~し、特に北海道のことに良く慣れていない北海道旅行者や出張者の方は、よく注意が必要です。

旅行中の3~4日のうちに大きく気温が変わりますし、札幌以外の北海道内を移動される方は同じ北海道でも地域によって全然気温が違うということを理解しておきましょう!

そして、全国テレビでの天気予報では札幌のことばかりで、映る映像も札幌中心でしょうから、気温以外にも札幌と北海道内の各地方で違いがあるということが理解しにくいので、来てみたら「えっ」ということがあります。

そこで、

どれだけ数日で変化するのか?

どれだけ北海道内で違いがあるのか?

札幌の街以外で旅行中に注意することは?

などをまとめてみましたよ。

札幌の気温の変化

本日・4月23日から1週間の天気予報(最高気温)です。

17日(水) 23℃
18日(木) 21℃
19日(金) 12℃
20日(土) 11℃
21日(日) 11℃
22日(月) 13℃
23日(火) 14℃

この時季の平均気温は、最高気温で11.5℃(4月中旬)~13.9℃(4月下旬)です!

東京で言えば、11.5℃は12月中旬くらい、13.9℃は3月中旬並みの気温ですから、基本的には寒い時季です。

北海道のローカルテレビでは、「今日は半袖でもOK!」なんて言っていますが、今日明日だけのことです。

そして気を付けるべきは、最低気温は3.2℃(4月中旬)~5.1℃(4月下旬)なので、夜は完全に真冬の寒さです。

23℃まで上がる今日でも、夜は12℃くらいまで下がりますので、絶対に「冬の服装」をお忘れなく!

北海道内各地の昨日と今日の最高気温

きのうきょう
稚内10.4122
名寄12.8196
留萌9.5156
旭川13.3218
紋別14.8216
網走12.4175
北見16.0248
中標津14.22410
小樽15.7215
札幌14.9238
岩見沢15.1216
帯広17.7246
釧路18.414-4
根室10.1155
倶知安10.82110
室蘭15.1172
苫小牧18.113-5
浦河10.5111
江差12.3153
函館15.0183

北海道は大きいってことを分かっている方なら、札幌と稚内や根室などはかなり遠く、気象が大きく違ってもおかしく無いと思えますね。それでも札幌23℃と稚内12℃なので11℃も違うんです。

旅行や出張において、帯広と釧路を同じ旅行中に組み合わせる方が多いと思いますけど、その帯広は24℃で釧路は14℃と、10℃も違うんです。

更には、札幌と苫小牧って通勤者がいてもおかしくない距離で、特急なら50分前後、普通列車でも1時間10分前後の近さですが、気温が10℃も違います。

ちなみに、今日の新千歳空港は最高気温19℃の予報なので、こんなに近い札幌と4℃も違います。

そしてそして、一番注意しなければいけないのは前日比で、帯広は+6℃に対して釧路は-4℃、札幌は+8℃に対して苫小牧は-5℃なんです。

もう訳分からないですよね!!

服装以外にも気を付けること

残雪関連に注意

春進行中の北海道ですけど、まだまだ雪が残っているところも多いのですよ。

札幌の中心部には、路地裏などの日陰のエリアに残っていた雪も、今日の時点では全く残っていません。

全国テレビに映るのは札幌の大通公園や札幌駅前の様子が多いと思いますが、例えば北海道で第2の都市である旭川市などでも、まだ雪の残っているエリアが多いのです。

そこで注意するべきは、急速な雪解けによる「土砂災害」「低い土地の浸水」「河川の増水」「なだれ」です。

北海道民でなくても、北海道旅行中にこれらの被害にあう可能性はありますので注意してください。

クマに注意!

昨日、オホーツク海側の斜里町の山林で、クマに襲われたけが人がでました。

また、1~3月までの3か月間のクマの目撃情報が、去年の3倍にもなっているそうです。

札幌市でも4月8日に藻岩山でヒグマが目撃されていて、去年よりも半月早いのだそうです。

それらの理由が、暖かい日が続いたことにあるようで、エサとなるフキやタラなどの芽生えが増えたことで、クマの行動範囲が広がっていることが考えられるそうです。

まとめ

たったの2~3日で、真夏の気温から真冬の気温に急降下!なんてことは昨年もあったことですし、冷静に考えれば、今の平年最高気温は12~3℃程度なので、23℃がたった2日で12℃に急降下なんてことはあっても当然のことです。

同じ北海道でも、太平洋側とオホーツク海側・日本海側で気候が大きく異なることも、例えば太平洋側の東京と日本海側の新潟では気候が大きく異なるのと同じだと考えれば良いことです。

同じ太平洋側の釧路と帯広で大きく異なるのも、海側と内陸部で大きく異なるのと同じことです。

札幌へ移住してきた初心者の人は、こんなことを1つずつ覚えて行けば、そのうちに慣れます。

(と言いながら、1年かかりましたけど。。。)

しかし、年に1度来るか来ないかの北海道旅行者にとってはたいへんですよ。

全国テレビニュースを見るだけでは、今日明日のニュース的なことしか言ってくれませんから、きちんと旅行中の天気予報を見るように注意しましょう!

そして、山には十分に注意しましょう!(雪崩やクマに)

できれば、北海道ローカルのニュースを見て頂くと良いですよ!

テレビは、なかなか北海道ローカルを見ることはできませんけど、インターネットでNHKや北海道ローカルテレビ局のホームページなどをチェックしてください。

一番おすすめは、「NHK NEWS WEB」の「北海道 NEWS WEB」のページです。

気象のことも、クマの目撃情報や災害状況など、一番詳しく知りたい情報が分かりやすく載っているような気がします。

北海道へご旅行の方!良いご旅行を!

寒くてたまらん!ってならないように天気予報をしっかりチェックしてくださいね。。。

それではまた。。。