札幌で生活して初めて分かった現実が、良くも悪くもたくさんありました。北海道移住の失敗も後悔も現実の全てを書き残します!

札幌の街中ではユニクロのウルトラライトダウンが特に役に立つ!

11月に入りめっきり寒い日が増えてきた札幌です。

しかし、日中の気温は寒い日もあれば暖かい日もあります。

そして、外は寒くても室内は異常に暑い札幌の特質もあって、服装選びはたいへんです!

もっと寒くなってしまえば、厚手のダウンコート一択になるのですけど、この時期はダウンコートでは暑くて不便な日と場所があります。

そんなシーズンに便利なのが、ユニクロのウルトラライトダウンジャケットですよ!

中に着ればとても暖かく、脱いでもさっとリュックに入れられるので超便利ですね。

ま~軽めのダウンジャケットって、ユニクロ以外でもたくさん出ているので、ユニクロに限った話ではありませんが。。。

東京でも便利でしたけど、札幌ではもっともっと便利に活躍してくれる理由を、気候と道民性から少しご紹介します。

札幌の日の最高気温・最低気温(2019年11月)

気象庁ホームページよりデータをお借りして、今年11月の昨日までの最高気温と最低気温を並べてみました。

年月日最高気温(℃)最低気温(℃)
11月1日15.99.3
11月2日14.48.5
11月3日10.84.3
11月4日10.04.0
11月5日11.25.0
11月6日8.72.8
11月7日7.51.4
11月8日3.90.8
11月9日5.92.2
11月10日8.11.8
11月11日11.54.1
11月12日11.15.8
11月13日11.82.7
11月14日13.1-3.2
11月15日– .0-3.5
11月16日3.2-1.5
11月17日3.0-3.3
11月18日11.1-2.6
11月19日6.7-3.7
11月20日2.0-4.2
11月21日4.0-1.5
11月22日7.6-2.3
11月23日13.0-0.2
11月24日16.87.7

最高気温が10℃以上ある日もあれば、5℃未満となる日もあります。

そして、日中は最高気温は10℃を超えても最低気温は氷点下となる日もあります。

この時期は、暖かさと寒さが行ったり来たりで、特に寒さにまだ慣れていないこの時季は、特に寒く感じます。

ちなみに今日の日中は気温1度で横なぶりの大雪です。昨日は暖かかったけど今日は寒いです。

この時期の厄介なこと

この時期厄介なこととは、

❶外の気温が暖かいのか寒いのか?日によっても時間帯によっても変わるので服装選びが難しい

❷札幌の屋内はやたらと暑いので、寒さに合わせた服装で外出すると、街の地下街やビルの中で暑くなる

❸ツルッツルの凍り道で滑って転んでの恐怖がある

以上3点なんですけど、❸のツルッツルの凍り道に関しては、また今度、対処法をお伝えしますが、❶と❷については、ウルトラライトダウンジャケットで解決できます。

北海道の室内は、元々寒冷地であるからこその防寒性に重点を置いた建物構造になっていることに加え、異常なまでに室内の温度を上げたがる北海道民の習性により、真冬の1月は、日本全国で一番気温が高いのです。

室内だけでなく、札幌中心部でとても便利で快適な地下道でも、けっこう暑いです。

札幌の地下街は、地下鉄大通駅を中心に、

南側(札幌駅方面);チカホと呼ばれる札幌駅前地下歩行空間

北側(すすきの方面):ポールタウンと呼ばれる地下商店街

東側(テレビ塔やバスセンター前駅方面):オーロラタウンと呼ばれる地下商店街と、大通駅からバスセンター前駅まで伸びる地下鉄コンコース

西側(西11丁目方面):大通公園の途中まである地下道

とありますが、特に1番はポールタウンで、間違いなく汗をかきます。

ポールタウンでなくても、各南東西方面から大通駅に近づくほふどに暑くなっていきます。

この周辺のショッピングビルなど、半袖で歩いても全く問題ないほどの暖かさです。

 

部屋の暑さについては、下の記事でもう少し詳しくお伝えしてます↓

関連記事

昨日の朝のHTB「イチモニ」で、“どうなる? この冬の灯油代!?”という特集をしてまして、4年間の10月末時点の価格変動が紹介されていました。また、どうしたら節約できるのか?ってご提案も3点ほどされていましたよ。灯油代が、4[…]

ストーブの写真

ライトダウンジャケットが超便利

このように、寒さと暑さの両方に対応できるように服装を選ばないといけないのが、札幌の面倒なところです。

そこで役に立つのがウルトラライトダウンです。

「厚手ではないコートやジャケット」+「ライトダウン」+「シャツ又は薄手のセーター」がおすすめです。

これなら、寒い外でも耐えられますし、暑い中でもライトダウンを脱いでリュックやカバンにさっとしまえば、何とか暑さにも面倒なく耐えられます。

厚手のダウンコートだと、外を歩くには全く問題ないのですが、屋内に入って暑くなった時に、手にもって歩くのはけっこう面倒です。

冬の室内の暑さに慣れている北海道民は、屋内の暑さでもコートを着たままですが、2年前まで東京都民であった私にはダウンコート着たままでは暑すぎます。

北海道の部屋の中が一番暑いという結果が出たある調査では、北海道の部屋は20.7℃で一番寒い長野県の部屋は17.5℃だそうです。

北海道民は、冬に部屋の中でアイスクリームを食べるとか寒さに弱いとか言われていますが、札幌の冬を生活してみると「なるほどね~」と感じますよ。

 

北海道に来て、買い足したもの!

「ウルトラライトダウンジャケット」と「防滑(冬用)シューズ」の2点です。

防寒用の厚手のコートなどは、東京と同じでOKです。

外は意外に寒くなく、中は意外と暑い!

 

不思議ですけど、本当です。

それではまた。。。

error: Content is protected !!