札幌で生活して初めて分かった現実が、良くも悪くもたくさんありました。北海道移住の失敗も後悔も現実の全てを書き残します!

東京でもついに40℃超え!札幌は25℃!札幌らしい夏本番が到来!

ついに、東京でも40℃を超えてしまいましたね。。。

まずは、昨日(2018年7月23日)のおさらい

➀埼玉県熊谷市で、41.1℃を観測して、5年前8月の高知県四万十市西土佐で観測された41.0℃を上回って、観測史上国内最高気温となりました。
②熊谷市以外でも、東京都青梅市で40.8℃、岐阜県多治見市で40.7℃、甲府市で40.3℃と、全国で4カ所も40℃を超ました。東京都内で40℃超えを観測したのは観測史上初めてのことです。
③それ以外でも、東京都心部で39.0℃、名古屋市で39.6℃、京都市で38.7℃と都会でも40℃に迫った地域が出ています。
④全国の気温観測地点927のうち、241の地点で35℃以上の猛暑日となり、今年で最高となりました。

札幌はどうか?

➀昨日・7月23日の様子

札幌の最高気温は25.4℃と過ごしやすい気温でしたよ!札幌の大通公園に行ってきましたけど、さっぽろビアガーデンが開催されていて、真昼間から飲んで食べてという人たちが、こんなにもいるのか?と、ちょっとびっくりで~す!

しかしま~、札幌の人とは限りませんね。観光客はたくさんいるはずだし、いかにも!って感じの人達がたくさんいましたよ。日本人もアジア人も。私が行った午後3時過ぎには気温は22~23℃くらいだったので、テントの日陰で飲む人も、テントの無い日なたで飲んでいる人もいました。

②今日・今週の札幌

今日の天気予報は、最高気温26度の予想で、今週は25~29℃の間で、札幌の本来の夏らしさが続くようです。最低気温も20℃前後のようなので、夜のビアガーデンは暑くも寒くもなく、きっと盛り上がるでしょうね!

③最近2週間の様子

6月は例年の3倍の雨が降り、7月上旬は過去50年間で2番目の日照不足となり、踏んだり蹴ったりの札幌移住初年度の夏になりそうだったんですが、最近2週間では夏日=25℃以上の日は7回あったそうです。

その夏日ですけど、札幌の7回に対して、旭川では13回もあった!やはり内陸部の方が暑くなると、朝のニュースで言っていました。

④北海道各地の7月の最高気温と夏日の日数

札幌初心者の私としては、何でも調べてみたくなり、北海道内各地の7月の最高気温と夏日の日数について調べてみました(データ出典・参考元:気象庁ホームページ)。

最高気温(℃)夏日の日数
札幌30.89
旭川30.615
稚内21.90
網走28.53
釧路30.11
帯広32.28
小樽30.54
岩見沢28.69
室蘭28.06
苫小牧27.94
函館28.89

内陸部は旭川と帯広ですが、夏日の数が一番多いのは旭川(15日)で、最高気温が一番高い(32.2℃)のが帯広です。やっぱり内陸部は暑いんですね~

札幌にはヒートアイランド現象があると、他のブログさんで読みましたけど、確かに札幌に近い小樽や岩見沢よりも札幌の方が暑いようですよ!

夏は気温低めで冬は気温高めということで、気候的には北海道内で一番におすすめできるらしい太平洋側の室蘭と苫小牧は、確かに内陸部や札幌より低く、道東道北方面よりも高くって、ちょうど良い気温みたいです。

しかし、その道東道北方面の稚内と網走・釧路ですけど、稚内は最高で21.9℃しかなくちょっと低すぎるかな~、釧路は最高気温30.1℃と30℃を超えちゃうんですね。。。

ま~今年7月だけの数値なので、今度また、もうちょっと調べてみたいと思います!

しかし、札幌に期待通りの夏が来て、本当に良かったです!

それではまた。。。

error: Content is protected !!