札幌で生活して初めて分かった現実が、良くも悪くもたくさんありました。北海道移住の失敗も後悔も現実の全てを書き残します!

札幌ではコンタクトレンズ店が少ない!?と思い、調べてみたよ!

札幌に来て、4ヶ月が経ちましたよ。

4カ月も経つと、引越し前に東京で買い揃えて持ってきていたものが無くなってきて、札幌でどこで買うのか?どこが安いのか?良いお店なのか?探さなければならず、ちょっと面倒ですけど、ま~気分が乗れば楽しくもあります。

私が最近不足してきたものは、コンタクトレンズです。

東京ではいつも「八重洲コンタクト」に行っていたのですが、札幌には無いので、最近は街を歩きながらコンタクトレンズ屋さんを気にしながら歩いていました。

そこで?札幌にはコンタクトレンズ屋さんが少ないんだろうか?東京では、街を歩けば、けっこうあったような気がしてましたが。。。

何か、メガネ屋さんはけっこう見かけるんだけど、コンタクト屋さんって少ないし、あっても「アイシティ」ばかり。。。「アイシティ」ってちょっとお高めですよね?かと言って、東京に帰省する予定も無く。。。

そこで、ちょっと調べてみましたよ。

ついでに、東京以外の各地方中心都市も調べてみました。東京と比較しても、東京は日本全国でも別格な場所だから、わ~札幌って不便!で終わっちゃいますよね。ま~横浜も含め、仙台・横浜・名古屋・金沢・広島・福岡と、東京・大阪以外の各中心都市と比較してみましたよ。

総眼鏡店・コンタクトレンズ店・眼鏡店の各店舗数

総眼鏡店コンタクト店眼鏡店コンタクト比率
札幌市1191310611%
仙台市5364711%
横浜市1683013818%
名古屋市1393610326%
金沢市1861233%
広島市5194218%
福岡市73116215%

※データ参照元は「日本全国チェーン系眼鏡店・コンタクトレンズマップ」さんからで、ハートアップ・メニコンショップ・アイシティ・中央コンタクト・コンタクトランド・レンズスタイルが対象で、私が行っていた「八重洲コンタクト」は東京横浜だけの会社だからでしょうね。対象外でした。

10万人当たりの店舗数に計算

人口総眼鏡店コンタクト店眼鏡店
札幌市1,952,3566.10.75.4
仙台市1,082,1594.90.64.3
横浜市3,724,8444.50.83.7
名古屋市2,295,6386.11.64.5
金沢市465,6993.91.32.6
広島市1,194,0344.30.83.5
福岡市1,538,6814.70.74.0

※人口データの参照元:2015年の国勢調査

分かったこと


➀コンタクトレンズ屋さんが、他都市と比べてもかなり少ない方というわけではない。
名古屋や金沢に比べるとかなり少ないですけど、横浜や仙台・広島・福岡などと、人口比ではほぼ同じレベルにありますね。

②アイシティばかり!は間違いで3社のお店があるのですけど、他の都市に比べると会社の種類が少なく、選択肢が少ないのは事実です(このデータは上の表にはありません)。
●札幌:アイシティ7店舗・ハートアップ4店舗・メニコンショップ2店舗
●横浜:アイシティ19店舗・エースコンタクト5店舗・メニコンショップ3店舗・中央コンタクト2店舗・ハートアップ1店舗
横浜は5社、札幌では3社なので。。。3社だけは札幌だけなんです。人口が札幌の1/4しかない金沢でも4社ありました。

③眼鏡屋さんは多いけど!は正解でした。10万人当たりの眼鏡点数は名古屋と並んでトップです。そして、総眼鏡店舗数に占めるコンタクトレンズ店舗比率では、仙台と同率で最低率でした。

※総論すると、札幌は眼鏡店舗数が多い割にコンタクトレンズ店舗数は他大都市の少ない方と同じくらい。よって、コンタクトレンズ店はそれほど少ないとは言えないが、眼鏡店と比較してしまうと少なく感じる。

なぜ、他都市と比べて、コンタクトレンズより眼鏡店の割合が高いのか?その傾向が寒い地域の札幌と仙台だけなのか何か理由があるのか?よく分かりませんでした。

今後も札幌生活で疑問に思ったこと、特に移住してみてアレってことは特に、お伝えしていきますよ~

それではまた。。。