札幌で生活して初めて分かった現実が、良くも悪くもたくさんありました。北海道移住の失敗も後悔も現実の全てを書き残します!

札幌の降雪量が少ない!もしかしたら史上最少になるかも!?

今シーズンの北海道の雪は、平年に比べかなり少ないと言われています。

札幌初心者の私には、毎日雪道を歩くのが初めての体験であるだけで、もちろん雪の多少に関する感覚など無く、このあたりはさっぱり分かりません。

昨日は、久しぶりの雪が降り、上空はかなり真っ白になったのですけど、道路に積もるほどではなかったようです。

そうしたところ、今朝のHTB「イチモニ」のお天気コーナーで、今シーズンの雪の量は史上3番目に少ない年になるかもしれないって言っていましたよ。

昨日までの雪の総量が303cmだそうで、過去雪の量が少なかった年は、

➀1989年 311cm
②1959年 326cm
③1953年 330cm

では、これからどれくらいの雪が降りそうで、どれくらいの確率で史上3番目に少ない年になりそうなのか?

ちょっと調べてみましたよ。

過去には、3月14日以降にどれだけの雪が降っていたのか?

1981年~2010年までの30年平均と、2009年~2018年までの10年間の各年の3月14日以降の降雪量を調べ、今年の昨日3月13日までに降った降雪総量に足してみました。

3/14~の量左+303
2009年32335
2010年71374
2011年45348
2012年55358
2013年42345
2014年32335
2015年1304
2016年27330
2017年47350
2018年34337
30年平均60363

※気象データの参照元:気象庁ホームページ

昨日までの303cmに平年並みの60cmが降ったら、今シーズン合計が363cmとなるので、史上3位の330cmよりも30cm多くなることになりますよ。

しか~し、3年前の2016年並みであれば、3位の330cmにピッタリ並ぶことになります。

そして!4年前の2015年並みであれば、何と304cmとなり史上1位の記録になる訳です。

3年前・4年前のことなので、十分に可能性がありそうですよ!

雪のことに関しては、数日前にもこんな記事を書いていましたのでご参考まで~

札幌に雪が無くなる日はいつ?今年は30年ぶりの早さか?過去30年を調査!

今シーズンは、雪だけではなくって寒さの和らぎも早かったようで、これも先日に書いてま~す

札幌最後の真冬日は史上3番目の早さ!3月は落氷雪や雪下ろしの事故にご注意を!

何か、2月に40年ぶりの大寒波が来たかと思えば、3月は、30年ぶりとか史上3番目などの雪が少ない・寒くないといった状況で。。。

そう言えば、11月には初雪が最遅記録タイでもありましたよ。。。

山あり谷ありと言うんでしょうか?

それではまた。。。