札幌で生活して初めて分かった現実が、良くも悪くもたくさんありました。北海道移住の失敗も後悔も現実の全てを書き残します!

中国人観光客が北海道旅行で完全復活したからちょっと辛い!

昨年の9月6日に起きた北海道胆振東部地震の影響で、日本人も外国人も旅行客が北海道から減少していて、もちろん北海道経済にとって良くないことですけど、北海道民にとっては落ち着いた日々でもありましたよ。

直後のオータムフェストでは、観光客が少ないから行きやすいと、多くの札幌市民が例年よりもオータムフェストを楽しむことができたそうです。

また、このブログでも記事にしましたけど、回転ずしの「根室花まる」やスープカレーの「GARAKU]などの有名人気店に、何と並ばずに入店することができたという、ここ数年では奇跡のひと時が訪れていました。

しか~し、11月頃からでしょうか?アジア系・特に中国人旅行客の復活ぶりは顕著で、また元の日々に戻ってしましましたよ。

そんな中国人旅行客の復活ぶりを、今回は札幌市内ではなく、小樽や釧路・阿寒湖などの観光地での様子をまとめてみました。

生活者として札幌市内で見ていた光景よりも、同じ観光客の立場で近くから見てみると、いろいろと気になるところが見えてきました。

テレビでよく取り上げられている無茶っぷりよりも、小さなことではあるけれど、さすが中国パワーは恐ろしい!といった様子をお伝えします。

①JR列車で見た、やっぱり!な様子

釧路駅のホームで特急スーパーおおぞらを待っていた時、全員が所定の位置で並んで待っている中、中国人女性陣が列とは別の場所から割り込み乗車しようとしていましたよ。

さすがに駅員に止められ、未遂に終わっていましたけど。。。

ま~これくらいは序の口ですよ。

②ホテルで見た、ため息もの

ラビスタ釧路川に泊まって、チェックインをしているときに見てしまった光景は唖然でした。

ラビスタやドーミーインプレミアムでは、ホテルフロント付近に必ず宿泊者無料のコーヒーマシーンがあるんですけど、何と、中国人女性3人組が、ず~っとコーヒーマシーンを占領し、自分たち一人一人のボトル(水筒)にコーヒーマシーンのコーヒーを入れていましたよ。

3つのボトルをいっぱいにするのに何杯のコーヒーを入れたのか分かりませんけど、その間、誰も注意できず、他の人は誰も使えませんでした。

③小樽の街は日本とは思えない!

小樽の街には日本人はいるのか?ってくらい、オルゴール堂やルタオ・北菓楼などのお土産屋さんは中国人と韓国人で埋め尽くされていましたよ。

そのオルゴール堂の向かいの角にスヌーピーのお店が新しくオープンして、北海道ローカル番組で取り上げられていましたけど、「外国人のお客様に来ていただいて、SNSで拡散してほしい!」と、日本人よりも外国人に期待している様子でした。

11月の「青の運河」のときも、2月の「雪あかりの路」のときも同じような状況でしたから。。。

小樽は、中国人・韓国人に包囲された感じですけど、ワイキキを包囲してしまった日本人と同じでしょうか?

しかし、雪あかりの路で聞いて見直したこともありますよ!中国人や韓国人も自費でボランティア活動に来ているそうなんですよ。

④朝里川では湘南と同じ現象が!

2月の小樽のビッグイベントである「雪あかりの路」の会場の1つに朝里川温泉会場もありますけど、その会場とは関係なく、中国人・韓国人がけっこうJR朝里駅で上下車しています。

その理由が、中国で大ヒットした映画「恋愛中的城市」のロケ地があるそうで、ロケ地聖地巡礼の中国人観光客が朝里駅に訪れては、自撮り棒を持って踏切や線路内に入って写真を撮るなどして、列車が緊急停止する事や遅延に繋がったりしています。

ついに北海道にも、ときどきワイドショーなどで話題になる中国人の無茶ぶりに侵される時が来ているのかもしれませんよ。

⑤観光バスで見た!関西人も負けていない!

釧路から摩周湖や屈斜路湖・阿寒湖を巡るホワイトピリカ号という観光周遊バスに乗ってみましたよ。

そしたら、またまた中国人だらけでした。春節の時期を外したのに。。。

で、そこで見た中国人の人たち、各下車観光地で、ま~大体の人たちは出発時刻までに戻ってくるんですけど、必ず1~5分くらい遅刻する人たちがいます。

しか~し、その遅刻常連者には関西人女性も負けじと混ざっていましたよ。口コミで、毎度出発時刻を守らない中国人は摩周湖に置いてきてしまえばいいのに!なんてことも書かれていましたけど、関西人も負けていません。

そして、更にビックリ!なのは、阿寒バスの運転手も負けていなかったことですよ。

何と、遅刻してきた中国人たちが席に座る前にバスを発車させる対抗措置をとってきたのです。

いくら何でも。。。ちょっと危険ですよ。。。これもいつものことなのか。。。

最後に

日本人の京都離れが進んでいるようです。

いつも外国人観光客で混んでいることがその大きな要因の1つで、2018年も日本人宿泊者数が前年比9.4%の減少、これで4年連続の減少だそうです。

北海道は大丈夫でしょうか?

外国人観光客が来なくなったら、北海道経済は頼るものがなくなって大不況になりそうですよ。

世界経済も中国経済も、その好調ぶりに限界がきているような気がしますけど、そうなったら間違いなく日本経済も落ち込み、北海道など真っ先に真っ暗闇になりそうですよ。

ん~ん、その時はどうしよう?

北海道新幹線開通の2030年頃にはまた復活するのか。。。

先のことはよく分からないので、それではまた。。。

error: Content is protected !!