札幌で生活して初めて分かった現実が、良くも悪くもたくさんありました。北海道移住の失敗も後悔も現実の全てを書き残します!

さっぽろオータムフェスト2018!3大人気&ビアガーデンとの違い

今週の平日に、さっぽろオータムフェスト2018に行ってきましたよ!

3連休と3連休の合い間の平日だというにもかかわらず、かなりの人出でした。

恐らく、夏のビアガーデンや雪まつりの昼間よりも人が多かったですよ。

地震の関係で期間が短縮されて、節電の関係で更に平日の時間が1日当たり3時間も短縮されたので、いつもより凝縮されたのかもしれません。それでも雪まつりよりも期間が長く、例年、雪まつりよりは人出総計は少ないはずなので。。。

さてさて、タイトルにある内容に移ります。

3大人気はシメパフェ・カキ・チーズハットグ

「シメパフェ」とは、飲みに行った最後に食べるパフェのことです。ま~ラーメンの代わりですけど、ときどき全国区テレビでも取り上げられているので、知っている方もいるかもしれませんね。

「チーズハットグ」とは、アメリカンドッグの韓国版が「ハットグ」と言いまして、普通のアメリカンドックは中身がソーセージだけですけど、そこにチーズも入っているのです。昨年から韓国で流行り始めて、札幌まつり(中島公園の出店)で初出店し、大行列で地元テレビでも話題になっていました。

この写真は「チーズドッグ」って書いてありますけど、他の店ではチーズハッドクとして売ってました。商標権の問題とかがあるのでしょうか?

「カキ」は、もちろん海産のカキです。

他にも、留萌のうにめしとか、ニセコピザとかに行列ができてましたよ。

ビアガーデンとの違い

ビアガーデンとは「さっぽろ夏まつり」の「大通ビアガーデン」のことで、同じく大通公園を利用し、同じくらいの規模のイベントですけど、夏と違い、秋らしさが出ているところなどが違いますね。

➀下の写真のように、食べるスペースとしてテントなどキャンプっぽい感じのスペースがありましたよ。

②それと、同じく食べるスペースですけど、何も設置していない本来の大通公園の芝生スペースがけっこう残されています。

2・3・9・12丁目にイベント設置が無いのは夏のビアガーデンと同じですけど、ビアガーデンのようにびっちりと椅子テーブルが並んでいる訳ではなく、芝生スペースが残されているので、その芝生の上で食べている人や、寝転がっている人などもいました。


夏の暑いときに、街のど真ん中・大通公園で、芝生の上に寝転がっている人たちがいる様子は、夏でも暑すぎない札幌ならではの光景ですけど、8月下旬位からは、そういう光景がほとんど見られなかったので、さすがに涼しくて、そういう人たちがいなくなったのかな~って思ってましたけど、秋でもいるんですね。イベント期間だからでしょうけど。。。ね。

何か、札幌らしくって良いですよ!

好きな時に、こんな贅沢な空間にいつでも来れるなんて、やっぱり、札幌に来てよかったな~

③どうでもよいことですけど、喫煙スペースが違います。ビアガーデンは、各ビール会社のデザインで喫煙所もつくられていたので、外観的には手抜きの無い感じでしたけど、今回は大きな物置みたいでしたよ。

それと、4丁目だけは「大通公園4丁目は条例により、喫煙制限区域に指定されています」って書いてあるんですけど、他の会場は「喫煙は所定の場所でお願いします。」ってなっています。ってことは、普段は4丁目以外は、喫煙自由なんですね。

札幌市全体とまでは言いませんが、せめて中央区の全てを喫煙制限区域にしてほしいな~そういうところは、札幌って田舎なんですよね。

ちなみに、平日の時間短縮は無くなりましたよ!平日も土日祝と同様に、午前10時~午後8時30分までです。

それではまた。。。